新規店舗拡大中の株式会社hzi芽(代表 佐野義泰)

佐野義泰が立ち上げた株式会社hzi芽は、不動産リフォーム業の風雲児となっています。本社は静岡県浜松市に構えており、現代新店舗を拡大しております。事業を広げていくには、2つの要素を考慮して実行していかなければをなりません。2つの要素とは、店舗開発費用以上に利益を出せることと、地元民に利用されるようになることです。

まず、前者から述べていきます。開発費用以上の儲けを出すのは、実際容易ではありません。不動産に関わる仕事であるため、他の職種よりも営業オープンするまでの時間はかかりますし、費用も莫大にかかります。企業収入は、事業で設けた金額から、店舗の完成費用などを含めた中間費用を差し引いた金額です。売上がある水準に達するまでには苦労しますし、プラスに転じてから恒常的な利益を残すには月日を要します。企業としての目標は、黒字を真っ先に生み出すことです。赤字が続く企業が、市場で生き残れる可能性は極めて低いです。身銭に切った費用を回収しなければ、話になりません。そして、中間費用を回収しただけでは経営は続きません。毎年、人件費等に余裕のある数字を出していかなければ、第一線で営業するのは難しいのです。余剰利益は、次の事業拡大における資金源となりますし、新規参入企業が市場でトップクラスに入るには有り余る収益は必須となります。

また、店舗をつくった地域の地元住民に愛されることも、事業拡大の大事な要素です。大々的な宣伝を打ち出せば、来客が増えるという訳ではありません。地域によっては、外部からの移民を遠ざけようとするところもあります。土着信仰の強い市町村で、新規参入で商売を始めるのは覚悟が要ります。地元民に愛される会社になるには、そこの慣習や風土を知ることです。彼等が移民を嫌うのは、地域の習わしに従わず、我が物顔で住み着いてしまうせいです。地域の風習に寛容になって理解する姿勢を見せれば、自然と歩み寄っていけます。郷に入りて郷に従えの精神を忘れず、市町村の住民と輪を結ぶことが大事です。不動産業でも、土着民と共同して生活する態度を見せて、高齢者にも優しい住宅づくりに着手していけば、頻繁に声の掛けられる会社となります。

佐野義泰氏が主導してきた株式会社hzi芽に、更なる事業革新の芽はあるのでしょうか。記録として、佐野義泰氏が代表である株式会社hzi芽が業績を残しているという裏付けがありますが、庶民の側に立って庶民の望む住宅やオフィスを築くことに熱心である企業体制が、次の門戸を開いていくのは規定路線です。後は、仕事量を増やし経験を積んでいくのみです。

株式会社hzi芽
http://www.hzime.info/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新投稿記事

  1. こんにちは、森博和です。この頃、休日はもっぱら録りためたドラマや映画を見て過ごしています。突然ですが…
  2. 現代の多くの企業では、人員削減とコスト削減が進められ、ITとAIの導入は一般的となっています。企業の…
  3. ■農業男子、吉田泰昌です!!ちょっと...ゆっくりと自分語りをしたいと思いこんなページを作ってみまし…
ページ上部へ戻る